お問合せ・ご注文はこちら

印章(4-6世紀 ササン朝ペルシア)

材質: カルセドニー、ヘマタイト

サイズ: 1.8 cm, 1.4 cm

印章として使われていたビーズ。白い方はカルセドニー(玉髄)製。カッパのような口をした人物の胸像が彫られています。

黒い方はヘマタイト(赤鉄鋼)製。同じく胸像ですが、顔が鹿になっている変わった作です。形状タコの吸盤のような飾りが6つ付いており、同時代のカットグラス同様の、グラインダー加工によるものだと思われます。