カップ(紀元前3世紀頃 南イタリア)

材質: テラコッタ

寸法: 高さ 9 径 10cm(突起部除く)

アプーリア陶器の一角を成すメサピア陶器。釉薬を使わず、線で模様をつけているのが特徴です。本品は波線の端が雫のような形で終えられており、エレガントな印象を受けます。植物の根のようなパティーナが付着しています。修復なし。