ゼウス/ユピテル(2-3世紀 ローマ)

材質: 青銅

サイズ: 高さ 7.7 cm

凛々しい顔の割にはひょろりと頼りなさげなユピテル(ゼウス)。左腕を上げている像は献酒をしているものが多く、右手にフィアーレという皿状の器を持ってた可能性が高いです。

フィアーレは古代ギリシャ・ローマの宗教儀式に使われた最も一般的なもので、酒を注いで神に捧げる献酒を行いました。その際フィアーレは右手で持ち、腕を伸ばしたとされています。彫像や壺にもその場面が数多く残されています。こういった儀式は朝夕行われるなど、日常生活の一部であったようです。