腕残欠(紀元前5-1世紀 イタリア/ギリシア)

材質: テラコッタ

寸法: 幅 13cm

時代・文化と断定するのは難しいですが、やや大きめで筋肉表現が優れていることから、ヘレニズム期以前と考えられるテラコッタ人形の残欠。エトルリア特集に加えましたが、エトルリアの可能性もあるという程度です。手首を外側に向けていることから、振り上げた右腕ではないかと想像します。