眼の偶像(紀元前3300-3000年 北メソポタミア)

材質: 石

寸法: 高さ 4.5 幅 2.4cm

シリアのテル・ブラク遺跡で主に発見されている釣鐘型の偶像。

眼の偶像に限らず、紀元前3000年頃の古代メソポタミアでは大きな眼をした人物像などが多く発見されています。大きな眼は叡智の器と考えられていたようです。