把手付注器(紀元前1730-1550年 地中海東岸)

材質: テラコッタ

寸法: 高さ 18.7 幅 7.7cm

エジプト第2中間期時代、カナン(現イスラエル)はエジプトの属州でした。エジプトの影響を受け、数多くの美術品が生まれました。こちらはワイン用のジャグと言われています。繭のような優しいライン。砂漠地帯で砂地に挿すような使い方をしていたと考えられます。おそらく地に近い生活様式だったのでしょう。底の平らでない容器がたくさん残されています。