偶像(紀元前3-前1世紀 シベリア)

材質: 青銅

寸法: 高さ 6.4 cm

初期鉄器時代シベリアのクライスク文化は、オビ川流域で紀元前4-後6世紀頃に栄えた狩猟文化。シャーマニズムが色濃く出た青銅製品は、多文化から隔絶された地域に発展した独自の呪術信仰を反映しています。

今回入手できたものは、かなりバリエーションに富んでいます。顔から手足の生えたものの他に、細い木のようなものや果実のような形状をしているものもあり、植物霊信仰を伺わせます。