お問合せはこちら

アスリート像(1-3世紀 ローマ)

材質: 青銅

サイズ: 高さ 12 cm

おそらく競技会で勝利した人物のために作られたもの。少し後ろにのけぞって低い位置で腕を広げ挑発するようなポーズをとっています。尖ったお尻も特徴的。ほぼ線のみで描かれた表情は明らかに微笑んでおり、勝利を達成した喜びを表しているのでしょう。

コントラポストがとられ、ギリシア期の小像を模しているものの、自然な肉体表現を目指さず、嗜好品として幾分大げさな表現を用いる事の多かったローマ彫像の特徴が伺えます。

彫像としての完成度はもう一声といったところですが、微笑みから伝わってくる幸福感がなんともユーモラスな像です。にっこり。