お問合せはこちら

骨董祭の「おすすめ商品その1」につき、6/4内覧会での販売はございません。6/5からの販売です。

鹿形馬銜留具・額装飾(紀元前4世紀頃 黒海沿岸)

材質: 青銅

サイズ: 高さ 7.5 幅 6.3 長さ 9cm(馬銜留具)

    高さ 15.6 幅 5cm (額装飾)

透かし彫りと線刻で鹿が意匠された、スキタイバロック様式の馬銜留具と額装飾の一式。1頭の馬に装着されていたオリジナルの組み合わせです。

馬銜留具では4つに分岐した角がそれぞれ先端で3つに分岐しています。中央の分岐点には鱗模様が描かれています。耳の先端は角と同じような弧を描いて角と同化しています。

額装飾は逆S字型の体で立ち上がる鹿が描かれています。2箇所折れ曲がったような皺がありますが、現代ではなく当時の修繕と思われます。戦闘の際に打撃で折れ曲がったものを直したのかも知れません。